ニッセングループ Nissen Holdings Co., Ltd.
ニッセンオンライン
お問合せ先・FAQ ニッセン企業情報サイトのHOMEへ戻る
ニッセングループ TOP > CSR(社会貢献・環境) >  災害復興支援  

災害復興支援

災害復興支援

東日本大震災 被災者支援・被災地復興支援

【ニッセン・ハチドリのひとしずく募金】
ニッセンでは、お客様に2011年4月1日以降お買い上げいただいたニッセン商品1点につき10円をニッセンが負担し、合計5,000万円になった時点でNPO、NGO等に寄付を行なう「ニッセン・ハチドリのひとしずく募金」を実施した結果、多くのお客様からご賛同をいただき、2011年5月3日に目標の金額を達成いたしました。
「子どもたちに希望と未来を!」の方針のもと、被災地域の子どもたちへの物品支援とメンタルサポート等に全額活用させていただきます。 (子ども支援のページもあわせてご参照ください)
東北地方太平洋沖地震災害支援ニッセン・ハチドリのひとしずく募金
【チャリティーTシャツキャンペーン】
ニッセンでは、被災地の復興に役立てていただくため、チャリティーTシャツキャンペーンを実施しました。チャリティーTシャツ販売にご賛同いただいたお取引先各社様のご協力のもと、その収益を被災地の子どもたちへの支援、および、被災地復興支援のために活用していただいています。
【支援物資の提供】
ニッセンでは、震災発生直後から主要地方自治体の災害対策本部と連携を取りながら、被災地域における支援物資ニーズの状況把握を行なった結果、一部の被災地域において衣料品等の物資が求められていることから、衣類・下着や毛布・布団・敷物等、約40,000点を緊急支援物資として被災地にお届けし、岩手県、宮城県、福島県の地方自治体災害対策本部等に無償提供いたしました。
【企業義援金の拠出】
ニッセンホールディングスでは、東日本大震災において甚大な被害にみまわれた地域の被災者や被災地の復興支援のために、義援金1,000万円を拠出し、日本赤十字社を通じて寄付いたしました。
【特別ボランティア休暇の制定】
ニッセンでは、東日本大震災の復興支援のために自主的なボランティア活動を希望する社員をサポートする目的で、「特別ボランティア休暇制度」を制定しました。
具体的には、一定の日数のボランティア休暇を特別有休休暇扱いとし、参加者への事前説明会を開催するとともに、現地までの往復の交通費やボランティア保険料、破傷風の予防接種料を全額会社として負担します。

これまでの主な災害復興支援

【中国大地震(2008年)】
2008年5月12日に中国で発生した地震の被災者救済や被災地の復興支援のため、日本赤十字社の「中国大地震救済金」への500万円の寄託等を通じて、支援を行いました。
【スマトラ島沖地震(2005年)】
2005年3月28日にスマトラ島沖で発生した地震の被災者救済および復興支援のため、タイ王国大使館に500万円、在大阪インドネシア共和国総領事館に500万円を災害義援金として寄付いたしました。
【新潟県中越地震(2004年)】
2004年10月23日に新潟で発生した地震の被災者救済および復興支援のため、新潟県中越地震災害対策本部に676万円、日本赤十字社に42万円を寄付いたしました。
【台風23号(2004年)】
2004年10月に被害を与えた台風23号の災害地支援として83万円の義援金と衣服や日用品等の物資を寄付いたしました。
サイトマップ